Tasking Manager 3

このガイドは現行バージョンのTasking Managerについて解説を行っています。もしあなたが利用している画面がこのガイドと異なっている場合は、以前のバージョンのマニュアルを参照するようにしてください。

この章の内容

HOT OSM Tasking Manager は、OpenStreetMapの特定のエリア内における複数の人々の同時編集をコーディネートするためのツールです。

OpenStreetMapとは、多くの人々の共同作業によって成り立つ、クラウドソースの自由な世界地図です。OpenStreetMapへの参加は、興味さえあれば世界中どこから、誰でも可能です。Tasking ManagerはOpenStreetMapを一度に多数の人々が共同編集する際に利用するツールのひとつですが、OpenStreetMapに参加するほとんどのひとは、このツールを使わず、単独で作業を行っています。

Tasking ManagerはOpenStreetMapのメインプロジェクトとは全く関連性のないツールです。Tasking Managerを使ってOpenStreetMapの編集を行う場合、実際には以下のような複数のツールを同時に利用しています:

  • OpenStreetMap - 地理空間情報データベース
  • The Tasking Manager - 多数の人々が同時に、特定の地域のOpenStreetMapデータを編集することを容易にするツール
  • OpenStreetMapエディタ - OpenStreetMapのデータを読み書きするためのソフトウェアプログラム

TM overview

Tasking Managerの役割は、特定の地域を”タスク”と呼ばれる小さな区域に分割し、素早くマッピングを可能にすること、そしてOpenStreetMapで通常利用されるエディタを使ってそれらの小さな区域をマッピングしている間、”チェックアウト”や”ロック”といった機能を提供することです。”チェックアウト”や”ロック”をこうした小さな区域に行うことで、その地域を特定のひとだけがマッピングしているという状態を作り出すことができます。これにより、”重複マッピング”や、OpenStreetMapで全く同一のエリアを複数人が同時編集してしまったときに発生するエラーの発生を予防することができます。

対象の小さな区域をマッピングし終わったら、Tasking Managerにその地域のマッピングが終わったことを登録します。もし望む場合は続いて他の”タスク”を選択することが可能です。

クイックスタートガイド

  1. http://openstreetmap.org/ にログインして、アカウントを作成
    TM Quick Start 1
  2. http://tasks.hotosm.org/ を表示し、画面右上に表示されているログインボタンからログイン
    TM Quick Start 2
  3. “協力/Contribute”をクリックし、作業対象のマッピングプロジェクトを探す
    TM Quick Start 3
  4. プロジェクトのインストラクションをよく読む
    TM Quick Start 4
  5. “マップ”タブをクリック
    TM Quick Start 5
  6. 一覧に表示されているタスクのいづれかを選択し、”マッピング開始”を選択します。
    TM Quick Start 6
  7. OpenStreetMapエディタに画面を切り替えます。インストラクションのなかで指定されている地物をすべて描きましょう。
    TM Quick Start 7
  8. マッピングが完了したらTasking Managerの画面に戻り、もし作業が完了していれば “マッピング完了としてマーク”、あるいは何らかの理由で作業が途中の場合は “マッピングを中断”をクリックします。
    TM Quick Start 8

マッピング手順

  1. 遠隔から作業を行うマッパーは、まずOpenStreetMapのアカウントを作成し、Tasking Managerにログインします。
  2. 作業対象のプロジェクトを選択します。通常はタスクの優先度や、Tasking Managerプロジェクト管理者が定めたスキルレベルに沿って選択を行います。
  3. 小さな四角形として表示される作業対象のタスクを選択し、作業が完了したらそのタスクを完了としてマークします。
  4. 次に、完了しているとマークされたタスクを別のマッパーがチェックし、作業基準に達しているかを確認した後、 ‘検証済み’ としてマークします。
  5. プロジェクトのマッピング進捗状況はプロジェクトの “活動統計” タブから確認することができ、管理者の要望に応じて優先度が下げられたり、アーカイブされたりします。

Tasking Managerへのログイン

Tasking ManagerはOpenStreetMapとは別に開発された、多人数でのマッピングをコーディネートするためのツールです。しかしTasking ManagerではOpenStreetMapのログインシステムを利用しています。これはつまり、この2つのシステムを使うにあたって別々のアカウントを取得する必要がないことを意味していますが、そのかわり、Tasking Managerでマッピングする際にはOpenStreetMapのアカウント作成とログインが必須ということでもあります。

Tasking Managerをはじめて表示させた場合、画面右上に”ログイン”ボタンが表示されます。

TM login 1

ログインボタンをクリックすると、OpenStreetMapウェブサイトに転送が行われます。OpenStreetMapウェブサイトにログインし、設定からTasking Managerへのアクセスを許可してください。OpenStreetMapウェブサイトのアカウントを持っていない場合は、作成を行ってください。

TM login 2

TM login 3

OpenStreetMapにログインが完了すると、Tasking Managerの画面に戻ります。画面上部の協力、あるいはマッピング開始、のボタンをクリックすると現在活動が可能なプロジェクトの一覧が表示されます。

オプションとリンク

Tasking Managerの初期表示言語は英語になっています。画面右上に表示されている English をクリックすると、別の言語への切り替えが可能です。

ログインした後は、画面の右上にあなたのログイン名が表示されます。ここからは以下の操作が可能です:

  • Tasking Managerのプロフィールの確認:
    • メールアドレスの更新、ソーシャルメディアとの連携
    • マッパーの経験レベル表示
    • これまで参加したプロジェクトの一覧と地図
  • Tasking Manager内の メッセージ 画面を表示 (OpenStreetMapのメッセージとは異なるシステムです)
  • ログアウト

プロジェクトへの参加 - Tasking Manager参加画面

メインメニューに表示されている “協力” をクリックすると、現在Tasking Managerに登録されているプロジェクトが一覧で表示されます。

TM contribute

Tasking Manager参加画面は3つの大きなエリアで構成されています:

  • 左側に表示される、検索とフィルタリングオプション
  • プロジェクト一覧
  • プロジェクト一覧の地図表示

検索とフィルタリングオプション

デフォルトでは、表示されているプロジェクトはすべてマッピング可能な状態となっています。また、拡張検索フィルタを使うことで、作業対象のプロジェクトを細かく指定することが可能です。

  • プロジェクト番号 - 探しているプロジェクトの番号が判明している場合、その番号をもとに検索が可能です。
  • 組織 - プロジェクトに関与している組織の名前をもとに検索を行うことができます。
  • マッピング難易度 - プロジェクトの中には、通常よりもマッピングの難易度が高いものが存在します。このオプションを使うことで、参加者の経験レベルに応じた適切なプロジェクトを検索することができます。経験豊富なマッパーにお薦めの機能です。
  • マッピングタイプ - マッピング対象となっている地物によるフィルタリングを行います。ほとんどのプロジェクトはマッピング対象の地物が1種類ですが、状況によっては複数の地物をマッピングするものもあります。
  • 全文検索 - プロジェクトの説明に、特定の文言やフレーズが使われているかどうかをもとに検索を行います。
  • キャンペーンタグ - それぞれのプロジェクトは、より大きなマッピングキャンペーンの一部として行われることがあります。このフィールドにキャンペーンの名前を入力して、そのキャンペーン単位での検索が可能です。

地図表示

“地図表示”タブをクリックすることで、世界のどこでどのようなプロジェクトが行われているか、表示させることができます。個々のプロジェクトを表示させるには、地図をダブルクリック、あるいは拡大してください。拡大してゆくと優先度ごとに、緊急は赤色、高・中は黄色、低は緑色でポイントが表示されます。地図上のポイントをクリックすると、そのプロジェクトの概要が表示されます。プロジェクトのタイトルをクリックすることで、該当のプロジェクトページを表示させることができます。

TM project map

Tasking Managerを使ったマッピング

作業を行う対象のプロジェクトを決めたら、プロジェクトのタイトルをクリックし、詳細を確認してください。詳細表示には以下の内容が含まれています:

  • プロジェクトの重要性と、そのデータの利活用方法
  • 何をどのようにマッピングすべきか、の詳細
  • マッピング内容検証の選択画面
  • 個々のマッピングタスクエリア表示と、その状況
  • プロジェクトについての質問やコメント

TM project description

プロジェクトページ

プロジェクトに関するすべての情報はここに集約されています! 最上部はマッピングプロジェクトについての解説と、関連情報が表示されます。

その下は、大きく左右に分割されています。左側には”マッピング方法解説”、”マッピング”、”検証”、そして”質問とコメント”のタブが表示されます。右側はプロジェクトに関する地図表示と、タスクそれぞれのマッピング状況が示されます。

  • 色のついていないタスクは、誰もマッピングしておらず、作業が可能です
  • ピンクで囲まれた区画は、優先度の高いエリアです
  • 黄色/金色の縁取りがされた区画はマッピング完了の報告があるエリアで、検証作業待ちの状態です
  • 黄色の縁取りは、あなたが選択しているタスクです
  • 青色のタスクは現在他のマッパーが作業を行っています
  • 緑色のタスクは2段階目のマッピングプロセスが終わり、”検証済み” になっている状態です
  • 濃い灰色のタスクは他のマッパーによってロックされており、航空写真の品質が悪いためにマッピングができないことを意味しています
  • プロジェクトの対象範囲は青い色の線で表示されます。この青い線は、航空写真が提供された範囲や行政区画などをもとに定義されており、あまり一般的ではない形状になっている場合もあります。対象範囲外をマッピングしても構いませんが、その作業は必須事項ではなく、作業検証者による検証対象にはなりません。

マッピング方法解説タブ

ここには、対象のマッピングタスクで何が求められているかが記載されます。プロジェクトの難易度、例えば初心者歓迎なのか、中級者以上推奨なのか、熟練マッパー限定なのか、や、その説明などがそれにあたります。作業を始める際にはこの部分をよく読み、理解するようにしてください。マッピングプロジェクトには様々なスタイルがあり、目的は多種多様に渡ります。多くのプロジェクト活動が含む内容は以下のとおりです:

  • 道路ネットワーク: 現地で活動する人たちが手持ちのデバイスに読み込んだり、遠方から目的地までどのように到達すればよいか検討したりするために使います
  • 集落マッピング: どこに人々が住んでいるかの特定や、被害の影響推定にしばしば使われます
  • 建物マッピング: 災害の被災状況の把握やアセスメントに使われます。また、人口推定作業にも利用されます
  • 河川、壁などその他の地物のマッピング

世界中全ての地域が同じようにマッピングされているというわけではなく、その地域や状況に応じた特殊なタグ付けについての情報提供が行われています。例えばアフリカの道路ネットワークは、アメリカやヨーロッパの道路システムとは全く異なったタグ付けが行われます。

OpenStreetMapの編集を行い、変更をアップロードする際に、エディタによっては 変更セットコメント や、あなたが参照した 情報源 (source) を、適切なフィールドにコピー&ペーストで入力するよう求められることがあります。

また、タスクによっては特別に提供された航空写真が利用可能であることがあり、その場合、写真にアクセスするためにライセンスを承諾する必要がある場合があります。マッピング方法解説の箇所に適切な記載が行われていることで、それらのデータをJOSMやiDに読みこませることができます。

タスクのマッピングに完了マークを付けると、次に検証作業者は、マッピング方法解説で示されている要求事項を満たしたマッピングが行われているかどうかのチェック作業に移ります。また、タスクによっては一度にマッピングを完了させることは難しいかもしれません。その場合、タスクをアンロックすることが可能で、今後作業を行うマッパーに対して有益なメッセージを残すこともできます。

アクティビティと活動統計ボタン

このタブにはプロジェクトの活動統計が表示されます。ページは、アクティビティの一覧(Tasking Manager 2.0の際には独自でタブあり)とサマリーの2つのセクションに分けられています。

このサマリには、プロジェクトに参加し、最低1つ以上のタスクを完了しているマッパーの一覧が表示されます。

ページの下部には、それぞれのタスクにつけられたコメントの一覧がログとして表示されます。なおこのログはタスクに対するコメントであり、”Questions and Comments”のタブで表示されるプロジェクト全般に関わる質問事項とは異なることに注意してください。

プロジェクトのメインページに戻るには、活動統計ページに表示されているプロジェクトのタイトルをクリックしてください。

マッピングタブ

マッピングの準備が整ったらこちらをクリックしてください。地図上の四角形をクリックしてタスクを選択するか、あるいは “タスクをランダム選択” オプションをクリックしてください。選択できるのは色のついていないタスクだけで、もし色のついたタスクを選択した場合エラーメッセージが表示され、マッピングができないことが表示されます。もし検証作業を行う場合は、”検証”タブを選択してください。

TM map tab

地図上でのタスク選択

タスクの選択を行うとその履歴、例えばマッピングを開始したけれども完了させることができなかったマッパーなどが表示されます。

マッピング開始ボタンをクリックするとタスクがロックされ、自発的にアンロックするか、あるいは2時間 (120分) のカウントダウンタイマーが経過して自動的にアンロックされるまで、他のマッパーがそのタスクを選択できなくなります。作業を行う際には、自分で2時間のタイマーを管理しておくとよいでしょう。作業に没頭してしまうとロック状態を開放するのを忘れてしまい、他のマッパーがその地域をマッピングすることを防いでしまうことがあります。これは時折、データの競合や問題に発展することがあります。

編集方法の選択

タスクをロックすると、編集で利用する際のオプションが表示されます。

JOSMで編集

このリンクを使う前にJOSMを起動しておき、そのJOSMにOSMデータを自動的に読み込みます。

  1. ‘continuousDownload’ プラグインをインストールしている場合、プラグインを無効化したほうがよいでしょう (JOSMメニューの ファイル から ‘Download OSM Data continuously’ を無効化)
  2. それでもJOSMが背景画像を自動的に読み込まない場合、画像メニューから画像を読み込んでください。 背景画像に関するより詳しい情報はこちら
iDエディタ

これを選択すると、自動的にもうひとつブラウザ、あるいはタブが起動し、対象地域のOSMデータが読み込まれます。Internet Explorerは現在のiDエディタではサポートしていないため、Potlatch 2が代わりに起動します。もともとTasking Managerを表示していたタブやウィンドウはそのまま残ります。

Potlatch 2

このエディタは自動的に別のウィンドウやタブが起動します。Potlatchでは自動的に対象地域の表示が行われませんが、以下の手順を行うことでその動作を補完できます。

  1. Tasking Managerでタスクを選択し、マッピング開始、を選択してロックする
  2. Tasking Managerで、JOSMで編集、を選択します。(“JOSMのリモート制御が応答しません”というウィンドウが表示されますが、無視してOKを押してください)
  3. JOSMで編集、のボタンを押した後、”Tip: Download the following .gpx file…“というテキストが表示されます。.gpxファイルをダウンロードし、ファイルとして保存してください。
  4. Tasking Managerで、JOSMで編集、からPotlatch 2で編集、に切り替えてください。Potlatchが別タブで自動的に起動します。
  5. Potlatchで、背景画像、ベクトルファイル、を選択します
  6. ファイル、の隣りにあるベクトルファイルの読み込みウィンドウで、Openをクリックし、先程保存した.gpxファイルを選びます
  7. ベクトルファイルの読み込み画面で.gpxファイルの表示にチェックが入っていることを確認し、ウィンドウを閉じてください
  8. Potlatchで対象の区域の境界線を表示することができます(薄い灰色であることが多いです)。また、範囲外のOSMデータを読み込むことも可能です。
Field Papers

この機能は、対象地域で現地調査を行うマッパーが存在し、印刷した紙地図に道路の名前などが記載されている場合にのみ利用されます。書き込みが行われた地図は再スキャンされ、マッピングの際の背景画像としてOpenStreetMapデータの更新のため、遠隔あるいは現地のマッパーに利用されます。詳しくは Field papers section of LearnOSM を参照ください。

タスクの分割

タスクを選択して衛星写真をチェックした際に、対象地域で必要な作業が非常に多く、手に余ることがわかる場合があります。例えば都会の密集地域の建物を描く場合や、非常に広い領域から小さな集落を探す場合などです。指針としては、1人の人間が2時間マッピングしても要求事項を描ききれない場合は、タスクを分割し、4つの小さなエリアに分けるようにしてください。 注意事項 - もしタスクをあまりにも小さく分割してしまうと、その領域に存在する道路の種別が判別しづらくなってしまったり、その他の地物が認識しづらくなってしまうことがあります。

タスクを分割する前に投稿されていたコメントは、分割後、表示できなくなります。

タスクのアンロック

TM unlock

作業完了せずにタスクをアンロック

もしタスクの作業を開始した後、何らかの理由によって作業を完了できなかった場合は、タスクに対してなにかしらのコメントを残しておくことをお勧めします。何を書き残しているのかを簡潔に記述して マッピングを中断 してください。コメントの内容は、次のマッパーにとって価値があり、マッピングの役に立つものを書くようにしましょう。

例:

おおむね完了、左上に小さな村落が点在 
タスクの四角形のなかにまだトレースすべきものがある
作業が完了した後にタスクをアンロック

なにをもって完全にタスクを完了とするかは、非常に難しい問題です。ただ、自分が概ね完了した、と感じたら、その時点で完了のマークをつけるのは問題ありません。作業内容は検証作業として他のマッパーによってチェックされ、ごく小さな内容がそこで追加されるはずです。

作業プロセスを効率よく実施するためにも、完了したと感じた場合は “作業完了” のマークをつけておき、状況をよく把握できていない他のマッパーが確認のために無駄な時間を費やさないようにしましょう。

作業が完了したと感じた場合、その時点でエディタ内で保存していない作業内容をアップロードし、Tasking Managerに戻ります。

  • コメントとして実施した作業内容を記載し、さらにより重要なこととして、もし判断しかねた点があればそれを書いておくようにします。例えば “見た限りすべて追加完了しました。ただし、タスクの右上の角に雲がかかっていてその地域はマップできていません” などです。
  • “作業感呂としてマーク” ボタンをクリックし、レビューを待ちます。
低品質の航空写真としてマーク

衛星写真の品質が非常に荒い、あるいは雲で覆われているなどの理由で、選択したタスクをマッピングできない場合があります。その場合、エディタの編集画面を閉じて、タスクを “低品質の航空写真” としてマークし、マッピングができないことを記録してください。

コメントボックスからメッセージを送付

タスクにコメントを書き込む際に、個別のマッパーに対してメッセージを送ることも可能です。Twitterと同じように、単純に @ に続いて送りたい対象のマッパーのユーザ名を入力してください。このコメントはメッセージとして、このタスクへのリンクと一緒にユーザへ送付されます。

例:

@HOTMppr 建物のトレース、完璧です!  
details here. You missed a small group  
of houses on the upper left of the task square,  
I added a few in, but some still remain.  

このコメントは検証作業や、前に誰かが作業した内容に追加編集を行う際 - フィードバックを送ったりありがとうを伝える際など、に有用です。

  • 例えば http://learnosm.org/ja/coordination/remote-tracing/#buildings-walls-compounds-barriers など、マッパーの編集作業に役立つようなリンクを提供することも可能です。
  • Tasking Managerには世界中から様々なマッパーが参加しています。そのため、言葉遣いはシンプルで明確な言い回しを心がけてください。もしわからない言語でコメントがつけられた場合は、Google Translateなどのサービスで翻訳してみましょう。

メール送付の際、特定のタスクに言及する

メールやIRCメッセージなどで、プロジェクト内の特定タスクについてなにかメッセージを送る(例えば衛星画像に何が写っているか判別に苦慮している場合)際には、以下の要領で行います:

  1. 対象のタスクの四角形をクリック
  2. ウェブブラウザのなかで、’http://tasks.hotosm.org/project/713?task=259’ のような文字列が表示されているアドレスバー部分をクリック
  3. このリンクをメッセージのなかにコピー

ヘルプを求める

テキストベースのヘルプ

Tasking Managerの解説ページを表示し、以下の操作を行います:

  1. OSM HOT IRC CHannel #hot の文字列をクリック
  2. ユーザ名 (あるいはOSMユーザ名) を入力するか、もともと表示されている文字列を利用します
  3. ドロップダウンの一覧から hot を選択
  • 画面の右側は、現在オンラインのユーザ一覧です。
  • 画面左下に表示されているテキストボックスに、メッセージを入力します (場合によっては他のテキストで隠されてしまっている場合もありますが、ボックスを選択するとそのテキストは消えます) 。
  • 特定の個人にメッセージを送る場合は、画面右側に表示されているユーザ名から対象のユーザ名を含めてください。文章を入力し、リターンキーを押すとコメントが投稿されます。システムは ‘生中継’ 状態ですので、答えがあるまで少し待ってください - 返答の中にあなたのユーザ名が含まれた状態でコメントが返されます。
  • 別の方法でシンプルなものとしては kiwiIRC.com があります
  • OpenStreetMapに関連する他のIRCチャンネルは OSM Wiki IRC にも一覧があります
  • 別のIRCクライアントを利用する場合は、設定として (Server=irc.oftc.net, and channel=#hot) を使ってください

プロジェクトに関する質問 / コメント / プロジェクト作成者への連絡事項を投稿

プロジェクトの”コメント”タブには、他のユーザから投稿された質問やコメントが記載され、そこに追加でコメントを残すことができます。また、”プロジェクトマネージャに連絡”のリンクをクリックすると、プロジェクトの作成者に直接コメントや質問を送ることが可能です。

すべてのコメントは公開されますが、リアルタイムチャットとは異なります。リアルタイムに回答が欲しい場合は上記のIRCなどのオプションを利用ください。

TM comments

編集のヒント

ここまでで、Tasking Managerと、その主な機能の解説は終わりです。通常の編集作業と異なり、このツールは多数の人々が参加するクリティカルなプロジェクトにしばしば利用されます。そのため、すこし手法や考え方が異なる点を理解してください。

このツールを使って作業する際に注意が必要な点として、以下のようなものがあります:

  • 作業対象の区域から遠く離れた場所をマッピングするのは避けましょう - 他のマッパーがその地域を作業しているかもしれず、結果として重複作業を引き起こします。区域の境界線をまたいでいる建物をマップするのはOKですが、それ以上のことは避け、区画の境界線上の地物はすぐにアップロードするようにしましょう。
  • 道路、河川あるいはその他の地物を、区画の境界を超えて延長 - 他の区域まで延長したぶんは、その区域を担当するマッパーが引き継いでくれます。編集内容はできるだけ早くアップロードしましょう。
  • 地物の判別ができかねる場合は、コメント欄にその旨を記載して質問するか、wikiを確認するようにしてください。
  • 深刻な間違いをしてしまったことに気がついた場合 - 例えば大きな地物やリレーションを消してしまった場合など - は、IRCチャンネルやコメント欄で他のマッパーにヘルプを求め、リバート (編集の巻き戻し) を依頼してください。間違えてしまった変更セットのURLを伝えたり、何をしてしまったかの説明を一緒に伝えられるとよいでしょう。この作業は共同作業であり、多くの他のマッパーが手を貸してくれます。大切なことは、誰しも間違いをしてしまうものだ、ということです。
  • 気軽に質問やフィードバックをしましょう - あなたの作業を検証してくれるマッパーは、時折対応がぶっきらぼうであったり、発言が短かったりします。ただ、対話がスタートされていていれば、その後の対応はよりよいものになることがほとんどです。普段使わない言語で話すのは非常に労力がかかるもので、なおかつ流暢ではない言語に翻訳しながらのやりとりは、時には粗野な言葉遣いに映るものです。
  • 自分自身の作業を検証してはいけません - 二人以上のチェックを行うことで、マッピングの品質はより向上します。
  • 他のマッパーがあなたの作業を検証する際に、無愛想な対応をされても気にしないでください - あなたと同じように、他の人もまた、すべてのデータが正確にマッピングされることを保証しようとしています。フィードバックはきまって、残っている作業に関することであり、あなたのこれまでの作業への批判ではありません。

検証作業

検証作業とは、プロジェクトのタスクで最初に作業したマッパーの成果に対する、第二者によるレビューを指します。この工程によって、品質の高い作業を確実に完了させ、感謝やフィードバック、そしてマッパーへの激励の言葉を伝えることを行います。

検証作業の開始

検証作業の開始方法は、マッピングの作業とほぼ同じです。ボランティアは作業対象のタスクを決め、マッピング作業解説を読んで要望されている内容を理解し、どのようにそれらをマッピングするかを検討します。ただし、検証作業ではマッピングする場合と異なり、”検証”タブを選択します。

TM select for validation

検証作業を行うマッパーは、それぞれのタスクの区画をクリックしたり、”ランダムにタスクを選択” をクリックしたり、あるいは地図上にポリゴンを描いて複数の隣接したタスクを一度に選択したりします。

マッピング作業を行うマッパーとは異なり、検証作業者は複数のタスクを同時に選択する事が可能です。

複数のタスクを同時に検証

Tasking Managerの最新版では検証作業の際に、エリアあるいはユーザ単位で複数のタスクを選択する機能があります。

検証作業に利用するエディタによって機能の挙動は少し異なります。

JOSMでは “Task Boundaries - Do Not Edit or Upload” というタイトルの、JOSMからアップロードできない2番めのレイヤが作成されます。また、ダウンロードするデータの量が非常に多くなるため、JOSMは OSMデータをダウンロードしません。そのかわり、検証作業者はタスクの境界線を目印に対象の地域を手動でダウンロードすることになります。

ポリゴンを描いて選択

地図上にポリゴンを描くことで、複数のタスクを同時に選択し、検証作業を行うことができます。

作業に利用するエディタを選択後、選んだタスクの領域に対して、検証作業者は手動でOSMデータをダウンロードする必要があります。これは、選択したタスクの領域すべてのOSMデータのダウンロードを抑制することが目的です。

ユーザ単位で選択

1つ以上のタスクを完了させたマッパーは一覧として表示されます。一覧にあるユーザ名にカーソルを乗せると、そのユーザが完了させたタスクがハイライト表示されます。この一覧からは3つの重要な情報、つまりそのマッパーのレベル、最初にTasking Managerを使ってマッピングを開始してからの日数、検証作業からフィードバックを最後に受け取ってからの日数、を読み取ることができます。これらの情報を使って、作業検証者はマッピングの初心者や熟練者、ここしばらくフィードバックを受け取っているかどうかを判断することができます。

“検証開始”ボタンをクリックすると、対象のマッパーが完了させたすべてのタスクがロックされ、任意のエディタで検証を始めることができるようになります。

TM multi selection

作業に利用するエディタを選択後、選んだタスクの領域に対して、検証作業者は手動でOSMデータをダウンロードする必要があります。これは、選択したタスクの領域すべてのOSMデータのダウンロードを抑制することが目的です。

検証作業の完了

作業対象とした1つあるいは複数のタスクの検証が完了したら、Tasking Managerを再度表示させ、対象のタスクについての状況を以下の3つの中から選んでください:

  • 検証作業中断 - 検証が完全に完了したわけではなく、引き続き検証が必要
  • 検証済みとしてマーク - マッピングが完全に、正確に行われている
  • 差し戻し - マッピングが不完全であったり、不正確であったりする

後者2つの選択肢のどちらかを選ぶ場合、検証作業者はマッピング作業に参加したマッパーに対し、優しい言葉で、ポジティブなコメントを送り、貢献への感謝やマッピングへのフィードバックを伝えるようにしてください。タスクを差し戻しする際にはよく考えてから行ってください。もし足りていない編集が少量で、自分でも追記ができる場合、タスクを検証済みとしてマークできなくとも、何が足りていないのかをコメントするようにしてください。新しく参加したマッパーは、彼の作業が完了したと感じており、その作業が差し戻されることは激しい言葉で彼自身が非難されていることと同じように感じることがあります。

CC0
Official HOT OSM learning materials