編集テクニック: よくある間違い

OpenStreetMapを編集するにあたって、やってしまいがちな間違いがいくつかあります。この章では、そうした間違いの中でもより頻度の高いエラーや、より品質の高いデータを作り出すためのヒントを紹介します。

オブジェクトの接続

接続してはいけないオブジェクト

ポリゴンやラインを描く際に、それらを接続する共有ノードを作成してはいけない場合があります。例えば、道路を構成するノードは建物と接続してはいけません。もし現実世界で、建物の壁に直接ぶつかっている道路があれば話は別ですが、そうしたケースはほぼありえないでしょう。複数のオブジェクトに共有ノードで接続されてしまっている状態を解除するには、対象のノードを選択し、キーボードの <<G>> を押すか、メニューから ツール->ウェイの分割 を選択してください。

road building no road building yes

必ず接続されているべきオブジェクトもあります!

多くの場合、道路のウェイは共有ノードによって接続されているべきです。交差する2つのウェイに共有するノードが無い場合、その2つのウェイが実際には交差しているという情報を、コンピュータは正しく判別できません。

road connecting nodes

ただしそれらの道路が、橋やトンネルなどの高低差によって実際には交差していない場合、そうしたウェイ同士を接続してはいけません。

オブジェクトの重複

もうひとつよくある間違いは、現実世界では重複してないオブジェクト同士がOSM上のポリゴンでは重なり合ってしまっている場合です。現実世界での建物は、他の建物と重複することはありません。こうした間違いは、建物と土地利用のポリゴンの組み合わせで散見されます。例えば、公園をあらわすポリゴンがあり、その敷地の外に建物が建っている場合、公園と建物のポリゴンが重なることはありません。この場合、建物の横に公園がある、という風に、2つのポリゴンは分けて描かれるべきです。

building overlap

もちろん、学校を描く場合など、この規則には例外があります。学校の敷地内には通常、複数の建物がポリゴンを使って描かれます。この場合、学校の敷地ポリゴンのなかに建物のポリゴンを描くことはまったく問題ありません。ただしこの場合でも、学校の敷地と建物の2つのポリゴンが交差することはほとんど無く、敷地のポリゴンのなかに建物のポリゴンが完全に包括されているはずです。

building landuse

まとめ

ひとは誰しも間違うものです。何度か地図を描いてみて、自分の編集した結果を見直してみましょう。何度も同じ間違いをしないように心がけていれば大丈夫です。さらに、もしあなたがアップロードしたデータに間違いが含まれていたとしても、アップロードしたデータは何度でも修正することができます。これが、OSMの素晴らしいところです。OpenStreetMapでは、編集をすればするほど、データを改善してゆくことができるのです!

CC0
Official HOT OSM learning materials