JOSMプラグイン

編集作業に慣れてくると、JOSMの機能をさらに使いこなすことで編集作業の質とスピードを向上させたくなってきます。JOSMには、ソフトウェアをさらに多機能にするプラグインが数多く用意されています。

learnOSMビギナーズガイドに沿って学習してきた場合、すでにField Papesプラグインがインストールされているはずです。

このセクションでは、プラグインのインストール方法、そしてプラグインの中でもよく利用されることが多いものを紹介します。

プラグインのインストール

  • プラグインをインストールする際は、 画面上部のアイコンから設定アイコンを選択し、 “プラグイン”タブを開いてください。

Plug

  • プラグインのリストが表示されない場合、 “リストのダウンロード”を選択してください。
  • インストールしたいプラグインの横にあるボックスにチェックを入れ、OKボタンを押すことでインストールが可能です。
  • インストールが完了したら、適度なタイミングでJOSMを再起動してプラグインを読み込ませてください。

よく使われるプラグインには、以下のようなものがあります:

  1. buildings_tools: 建物ポリゴンを素早く、数多く描くためのプラグインです。

  2. DirectUpload: 複数のGPSトラックを収集していて、それらのトラックをそのままOSMデータベースに格納したいとき、このプラグインが便利です。

  3. editgpx: Garmin機器からGPSトラックをアップロードする場合、このプラグインが必要な場合があります。Garminに挿入されている外部メモリカードにトラックを保存している場合、そこからOSMデータベースへトラックを直接アップロードすることができません。このプラグインを利用することで、それらのトラックファイルをいちど収集し、OSMデータベースへアップロードすることができるようになります。

  4. fieldpapers: スキャンされた Field PapersをJOSMで読み込むためのプラグインです。

  5. imagery_offset_db: このプラグインは、Bing衛星画像のオフセット値を他のマッパーたちと共有することができるようになります。オフセットの問題については、別の章で詳しく扱います。

  6. mirrored_download: このプラグインを使うことで、より広いエリアをいちどにダウンロードして編集することができます。

  7. print: 印刷機能を追加します。出力の見た目はあまりよくありませんが、ちょっとした印刷を手早く行う際に便利です。

  8. utilsplugin2: 熟練した編集者のための編集ツールや操作メニューをJOSMへ追加します。この機能については次の章で詳しく扱います。

CC0
Official HOT OSM learning materials